チェンバロ工房 Haruyama Harpsichord

N.&François Blanchet 1730 Model

ニコラ&フランソワ・ブランシェ モデル


全長238cm
Compass ; FF-f''' Disposition ; 2x8', 1x4' buff on front 8'
A=415 and A=440

有名なチェンバロ工房であるブランシェ一族。その初代ニコラ・ブランシェ1世(1660頃〜1731)はランスに生まれ、パリで生涯を過ごします。1689年に楽器製作のマスターになり、次男フランソワ=エティエンヌ・ブランシェ(1695〜1761)が家業を手伝い、1722年には完全に共同製作になります。N.&F.とあるように、ニコラとフランソワの名を冠したこの1730年モデルは、父の最晩年に次男と作った共同製作です。
現代ではチェンバロ制作家ウィリアム・ダウド(1922〜2008)が同モデルを作っており、弟子にあたるラインハルト・フォン・ナーゲルが引き継いでいます。

blanchet1730
  • Blanchet 1730 1/6
  • Blanchet 1730 2/6
  • Blanchet 1730 3/6
  • Blanchet 1730 4/6
  • Blanchet 1730 5/6
  • Blanchet 1730 6/6